バイクセンター ヨシダ

岡山県倉敷市児島駅前4-91Tel:086-472-6179OPEN : 9:30 ~ 19:00 定休日:日曜日

更新情報・お知らせ

2020/11/13
Honda 2021Model「CRF250L」「CRF250 RALLY」12月17日発売。NEW
2020/11/13
在庫情報」更新しました。 NEW
2020/10/22
SHOEI「CERTIFIED DEALER・正規販売店」に認定されました。NEW
2020/10/13
Yamaha ニューカラー「E-Vino」11月20日発売。NEW
2020/09/30
Yamaha「CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」10月20日発売。 NEW
2020/09/25
Suzuki 2020年モデル「アドレス110」発表。10月 8日発売。 NEW
2020/09/01
Yamaha AT小型限定免許とっちゃう キャンペーン」開催中! NEW
2020/08/26
Yamaha New Color「NMAX155 ABS」発表。9月16日発売。 NEW
2020/08/24
Yamaha New Model「TRICITY300」発表。9月30日発売。 NEW
2020/07/23
Honda 2021年モデル「CBR250RR」発表。9月18日発売。 NEW
2020/07/22
NEXCO「2020 ツーリングプラン」発売。11月30日まで。 NEW
2020/05/22
営業時間を通常通り(19:00まで)に戻しました。どうぞご来店ください。
2020/04/23
Yamaha 2020年モデル「BOLT」発表。6月18日発売。 
2020/04/21
Yamaha New Color「TRICITY155」発表。4月21日発売。 
2020/04/20
Suzuki New Color「GSX-R1000R」発表。4月24日発売。 
2020/04/16
Suzuki 2020年モデル「Vストローム1050/XT」発表。4月24日発売。 
2020/04/10
Made in 児島「タンデム補助ベルト」好評取扱中! NEW
2020/04/09
Yamaha 2020年モデル「NMAX」発表。4月25日発売。 
2020/04/09
Yamaha 2020年モデル「BW'S125」発表。4月25日発売。 
2020/04/08
Yamaha 2020年モデル「TMAX560」発表。5月8日発売。 
2020/04/01
Honda Commuter 盗難補償 付帯サービス」4月1日スタート!
2020/04/01
Suzuki 盗難補償サービス」実施中!

Campaign! お買い得。セール&キャンペーン開催中!

NEXCO「2020 ツーリングプラン」発売中!

ツーリングにお出かけの際はより一層の安全運転、事故防止にご留意ください。
NEXCO「2020 ツーリングプラン」
高速道路が定額料金で乗り降り自由!二輪車限定「ツーリングプラン」発売中!
事前にお申し込みいただくことで、連続する最大2~3日間、対象となる高速道路が定額で乗り放題となる二輪車限定の商品です。
お申し込みの際には、お名前やETCカード番号、ご利用になる二輪車の車両番号標(ナンバープレート)情報等のご入力が必要です。
お申込み、詳細情報は こちら をご覧ください。

Yamaha「AT小型限定免許とっちゃう キャンペーン」開催中!

AT小型限定免許とっちゃう キャンペーン
Yamaha 「AT小型限定免許とっちゃう キャンペーン」実施中!
11月末までの期間中に「AT小型限定普通二輪免許」を取得し、当店にて対象のヤマハ125ccスクーターを新車でご購入・ご登録されたお客様に、ワイズギアカタログ掲載のお好きな用品購入費用として使える11,000円分(税込)の用品クーポンをプレゼント!
対象機種など詳しくは こちら をご覧ください。

Honda「Commuter 盗難補償 付帯サービス」始まりました!


2020.4.1 より付帯サービススタート!
● Hondaのコミューター(原付一種/二種)を買うと盗難補償が1年間無償で提供(有償で2年間プランもあり)

・ 対象機種
Honda国内販売の原付一種/二種の二輪新車(コンペモデルは除く)
* Honda二輪車正規取扱店でのご購入に限ります
・ 盗難補償期間
1年:車両登録日の翌日午前0時から翌年応答日の前日午後12時まで
2年:車両登録日の翌日午前0時から翌々年応答日の前日午後12時まで
・ オプション
ロードサービス・カギ穴いたずら補償
オプション金額1年:1,430(税込)/2年:2,640円(税込)

* 詳しくは こちら をご覧ください。

「Suzuki 盗難補償サービス」実施中!

「Suzuki 盗難補償サービス」実施中!
スズキのスクーター(50~125cm3)の新車をご成約の方が加入申し込みをされますと、申し込み日時より1年間または2年間有効の盗難補償サービスにご加入いただけます。加入金は1年補償の場合はなし、2年補償は2,000円(消費税込み)が必要となります。
詳しくは こちら をご覧ください。

Yamahaのアシストサイクル「PAS ナチュラ」ご試乗いただけます!

がんばる毎日に、がんばらなくていい自転車を。
Yamaha PAS 25周年
ただいま当店ではPASの人気モデル「PAS ナチュラ」の試乗車をご用意しております!
坂道も風もなんのその!簡単・便利・優しく取り扱えるアシスト自転車です。
Yamaha PAS ナチュラ試乗できます!
PAS について詳しくは こちら から。 試乗について詳細はスタッフまで、お気軽にお問合せください。

新製品続々発表中! 詳細は画像をClick

hondaYamahaSuzuki

|| 新製品・ Honda

Honda 2021Model CRF250L 12月17日発売。ご予約受付中!

スタイル一新!より力強く軽快になったCRF250L
CRF250Lは、「On(日常の便利さ)とOff(休日の楽しさ)に磨きをかけた『Evolved ON-OFF GEAR』」を開発コンセプトに、市街地などのオンロードでの扱いやすさと、オフロードでの走破性を高次元で両立しました。
 デザインは、競技用モトクロスマシン「CRF450R」のイメージを踏襲し、シャープで力強いスタイリングとしました。今回、新たに薄型のLEDヘッドライトを採用することで、軽量かつスリムな印象とアグレッシブな走りを予感させるものとしました。
 カラーリングは、レーシングイメージ溢れるエクストリームレッドを設定。
 また、日常での扱いやすさと足つき性に配慮した最低地上高245mm、シート高830mmのCRF250Lに対し、前後のサスペンションストロークを伸長し、シートの厚みを変更することで最低地上高285mm、シート高880mmを確保し、オフロード走破性を向上させたCRF250L<s>をタイプ設定することで、お客様の多様なニーズや嗜好に応えるラインアップとしています。

… CRF250L について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・CRF250L・CRF250L <s> 599,500円

Honda 2021Model CRF250 RALLY 12月17日発売。ご予約受付中!

スタイル一新!より力強く軽快になったCRF250 RALLY
CRF250 RALLYは「The Dakar Replica週末の冒険者」を開発コンセプトに、市街地からオフロードまで幅広いシチュエーションでの扱いやすさと、従来から好評を得ているツーリング性能や快適性をより一層向上させる開発を行いました。
 デザインは、ダカールラリーに参戦するレーシングマシン「CRF450 RALLY」の思想を受け継いだ、ウインドプロテクション性能に優れた大型ウィンドスクリーンやカウル、フレームマウントの左右非対称の二眼LEDヘッドライトにより、250ccクラスの枠を超えた威風堂々とした存在感のあるスタイリングを実現。今回、新たに容量12Lの大型フューエルタンクを採用し、燃費性能およびツーリング性能を向上。さらに、ハンドルウェイトの採用やステップにラバーを追加するなど各部の熟成を図り、振動の軽減や快適性、居住性を追求しました。
 カラーリングは、CRF450 RALLYを彷彿させるエクストリームレッドを設定。
 また、日常での扱いやすさと足つき性に配慮した最低地上高220mm、シート高830mmのCRF250 RALLYに対し、よりオフロード走破性を向上させることを目的に、前後のサスペンションストロークを伸長(最低地上高275mm、シート高885mm)させたCRF250 RALLY<s>をタイプ設定することで、お客様の多様なニーズや嗜好に応えるラインアップとしています。

… CRF250 RALLY について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・CRF250 RALLY・CRF250 RALLY <s> 741,400円

Honda 2021Model CBR250RR 発表

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒249ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を、出力向上やアシストスリッパークラッチの採用など熟成を図るとともに、カラーリングを変更し、9月18日(金)に発売します。

今回、CBR250RRの一部仕様を変更。低速域から高速域にわたる力強い出力特性としながら、パワーウエイトレシオの向上に合わせた、さらなる操りやすさを追求し、スーパースポーツモデルとしてのトータルコントロール性能の進化を図りました。
パワーユニットでは、新形状のピストンにより高められた圧縮比に対応するため、ピストンリング溝に錫メッキ処理を追加したほか、浸炭処理により強度を高めた浸炭コンロッドを採用。フリクションロスを最小限に抑えるため、バランサーシャフト軸の小径化やバルブスプリング荷重の低減、エンジン内のポンピングロス低減につながるシリンダー下端への切り欠きを追加するなど最高回転数を高めながら、点火時期、吸気系部品の最適化やマフラー内部構造の変更などを施すことで、従来モデルに対し最高出力と最大トルクの向上を実現しています。
出力特性の変更に伴い、スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を行うスロットルバイワイヤシステムでは、ライディングモードの各パラメーター設定値を最適化しライダーの好みに合った3種の出力特性を選択可能にしています。
足まわりでは、フロントサスペンションのフリクション低減と減衰力の最適化を図り、市街地での扱いやすさをより高めながら、スポーツ走行での路面追従性を向上させています。
また、新たに、クラッチレバーの操作荷重と、シフトダウンに伴う後輪ホッピングを軽減するアシストスリッパークラッチを標準装備として採用したほか、別売りの純正アクセサリーに、シフトアップ/シフトダウン時のより素早いシフトチェンジ操作を可能とする「クイックシフター」を設定。より操りやすく快適でスムーズな乗り味を実現しています。

ブリッピング機能付き「クイックシフター」
・クラッチレバーの操作無しにシフトアップ/ダウン可能。
・オートブリップ機能によりスムーズで素早いシフトチェンジが可能。
・長距離運転でのライダーのストレス低減にも貢献。
・価格 25,300円

●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・CBR250RR 821,700円
 ・CBR250RR 854,700円 * グランプリレッド(ストライプ)

Honda New Model CT125・ハンターカブ ご注文受付中!

Hondaは、アウトドアレジャーの用途に適した装備を採用した新型の原付二種(第二種原動機付自転車)レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」を6月26日(金)に発売しました。
 車体は、スーパーカブC125をベースに、市街地走行から郊外へのツーリングや林道でのトレッキングなど、幅広い走行状況を想定した車体諸元とフレーム剛性バランスの最適化を図るとともに、不整地でのトレッキング性能をより高める装備として、110mmのストローク量を持たせたフロントフォーク、アップマフラーやアンダーガードなどを採用しています。また、ブレーキは前後にディスクブレーキを採用しています。
 エンジンは左手によるクラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチを採用した、空冷・4ストローク・OHC・単気筒124ccを搭載。市街地での頻繁な発進停止や、ツーリングやトレッキングにおけるゆったりとした巡航時など低中速域での力強さを重視した出力特性としています。
 スタイリングは、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインとし、カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの全2色を設定しています。

… CT125・ハンターカブ について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・CT125・ハンターカブ 440,000円

Honda GROM カラーリングを変更し発売。

Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの原付二種スポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し、3月13日(金)に発売しました。
今回、車体色を、スポーティーなロスホワイトと、精悍なマットアクシスグレーメタリックの全2色のカラーバリエーションとしています。
共通の変更点としてエッジの効いたストライプを施すことで、よりシャープなイメージを表現。
また、前後のホイールとエンジン右側面のカバー、リアサスペンションスプリングをブラック塗装とすることで全体的に引き締まった印象を与え、ブレーキキャリパーにはレッドを採用することで、足まわりにワンポイントのアクセントを与えています。

… GROM について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・GROM 363,000円

Honda マットカラーの PCX・PCX150 受注期間限定で発売。

Hondaは、スタイリッシュな外観、燃費性能と力強い出力特性を両立したエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」と「PCX150」に、力強い印象のマットカラーを採用した受注期間限定のカラーリング、「マットイオンブルーメタリック」と「マットギャラクシーブラックメタリック」を2月28日(金)に発売しました。
* 受注期間は 2020年5月31日(日)までとなります。

… PCX限定車 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・PCX 352,000円
 ・PCX150 383,900円 ・PCX150<ABS> 405,900円

Honda 2020年モデル Rebel 250 発表。 3月19日発売。

Hondaは、シンプルでクールなイメージのスタイリングと、軽量で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性のエンジンを搭載したクルーザーモデル「Rebel(レブル) 250」の灯火器を全てLEDとするなど仕様を充実させるとともに、個性を演出する純正アクセサリーを標準装備した「Rebel 250 S Edition」をタイプ追加し、それぞれ3月19日(木)に発売。
 今回、Rebel 250のヘッドライト、ウインカー、テールランプに、スタイリングをより引き立てるLEDを採用。メーター内にギアポジションを表示するインジケーターを追加するとともに、ウインカーインジケーターを左右独立点滅とするなど視認性を向上させました。
また、クラッチ操作の荷重低減を行い、急なエンジンブレーキ時のリアタイヤの挙動を抑制するアシストスリッパークラッチの採用や、クラッチレバーの形状変更、さらに、前後サスペンションの仕様を変更することで扱いやすさと乗り心地の向上を図りました。
 Rebel 250 S Editionは、主体色と同色のヘッドライトカウルや、重厚感を演出するフォークブーツとフォークカバー、ブラックアウトされた車体のアクセントとなるブラウンのカラーシートを標準装備することで、個性を演出しています。
 Rebel 250のカラーリングは新色の「マットジーンズブルーメタリック」に、従来色の「マットフレスコブラウン」「マットアーマードシルバーメタリック」を合わせた、全3色のカラーバリエーション。また、Rebel 250 S Editionは「マットアクシスグレーメタリック」1色の設定としています。
ご予約承り中です!

 

… Rebel 250 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・Rebel 250 599,500円
 ・Rebel 250 S Edition 638,000円

Honda ニューモデル ADV150 発売。

Hondaは、アドベンチャーモデルの新たな提案として、タフでアクティブなアドベンチャースタイルに、市街地から高速道路まで走行可能な149cc単気筒エンジンを搭載した新型軽二輪スクーター「ADV150」を2020年2月14日(金)に発売しました。
ADV150は、「限界を超えていく都会の冒険者」を開発コンセプトに、スクーターの魅力である快適性や利便性、機動力に加え、個性的で力強い外観と優れた走破性により、通勤や通学から趣味や非日常も楽しめる軽二輪スクーターを目指しました。
 高剛性なダブルクレードル構造のフレームに、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。また、足まわりを専用設計とすることにより、未舗装路から高速道路までのさまざまなシチュエーションで快適な乗り心地を実現しています。さらに、より便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」や、ハザードランプを高速点滅することで急ブレーキをいち早く後続車に伝える「エマージェンシーストップシグナル」を採用するなど、装備を充実させています。
 カラーリングには、タフでありながら高品位なイメージのマットメテオライトブラウンメタリック、精悍で落ち着きのあるマットガンパウダーブラックメタリック、明るく情熱的な色調のゲイエティーレッドの全3色を設定しています。

… ADV150 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・ADV150 451,000円

|| 新製品・ Yamaha

Yamaha ニューカラー E-Vino 発表。 11月20日発売。

ヤマハ発動機株式会社は、エレクトリックコミューター「E-Vino(イービーノ)」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして11月20日に発売します。
 “イエロー/ホワイト”は、ポップなイエローとクリーンなホワイトのツートンで明るくアクティブなカラーリングにしました。“ホワイト”は、従来のホワイトカラーをベースに、グラフィックをブラックからダークネイビーに変更し、よりクリーンなイメージを表現しました。また、どちらのカラーもホワイトのメーターリングを新たに採用しています。
 「E-Vino」は、原付一種スクーターの「Vino」をベースに開発したエレクトリックコミューター第4弾です。モーター出力制御によるスムーズな加速感や極低速での優れた実用トルク、着脱式バッテリーによる容易な充電などにより、快適な近距離移動を実現しました。
E-Vino
クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金〔CEV補助金〕対象です! E-vino購入後に補助金として26,000円が交付されます。
*車両登録後1カ月以内に書類の提出が必要です。詳しくは こちら をご覧ください。
… E-Vino について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・E-Vino 259,600円

9月30日:Yamaha CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition 発表。

ファクトリーカラーがサーキットの興奮を呼び起こす。
V・ロッシとM・ビニャーレスの二人が駆る「YZR-M1」を彷彿させるカラーリング。
シグナス X monster Energy Yamaha MotoGP Edition 登場。

… CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition 346,500円

Yamaha ニューカラー NMAX155 ABS 発表。 9月16日発売。

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・155cm3“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載する軽二輪スクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして9月16日に発売します。
 新色は、スポーティさとトレンド感を兼ね備える「マットブルー」です。サイドカバーとグラブバーのマットブラックと調和し、上質な雰囲気を演出します。現行の「マットグレー」と「ホワイト」は継続販売します。
「NMAX155 ABS」は、MAXシリーズを象徴するブーメランをモチーフにしたサイドカバーなどのスポーティなスタイリングと、高速道路も走行可能な155cm3エンジンが生み出す優れた走行性をコンパクトなボディに凝縮させたモデルです。
NMAX155
… NMAX155 ABS について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・NMAX155 ABS 385,000円

Yamaha ニューモデル TRICITY300 ABS 発表。 9月30日発売。

新型Leaning Multi Wheel「TRICITY300 ABS」スタンディングアシストや新フレームを採用し、安心感と快適性をもたらす都市移動を実現!
 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・292cm3“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載するLMW「TRICITY300 ABS」を9月30日に発売します。
 「TRICITY300 ABS」は、“The Smartest Commuting Way”をコンセプトに開発。旋回時の優れた安定感や自然なハンドリングを生み出すLMWテクノロジーやパワフルで環境性能に優れる“BLUE CORE”エンジンなどにより、日常的な通勤・通学や都市の移動に安心感と快適性をもたらします。また、車両の自立をアシストする「スタンディングアシスト」をヤマハ市販モデルで初採用しました。
 主な特長は、1)快適な乗り味を支えるステアリング機構“LMWアッカーマン・ジオメトリ”、2)停車時や押し歩き時に便利な「スタンディングアシスト」、3)市街地での使用に配慮した“BLUE CORE”エンジン、4)安定感としなやかさをもたらす新フレーム、5)“Y”をモチーフにした進化したブランドアイコン、6)アクティブでスマートなスタイリング、7)制動時の車体挙動を穏やかにするABSとUBS、などです。
TRICITY300 ABS
… TRICITY300 ABS について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・TRICITY300 ABS 957,000円

Yamaha 2020年モデル BOLT 発表。 6月18日発売。

 ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・V型2気筒・4バルブ・941cm3エンジンを搭載したクルーザーモデル「BOLT Rスペック ABS」および「BOLT ABS」をマイナーチェンジし、2020年モデルとして6月18日に発売します。
 2020年モデルは、ポジションランプを追加したヘッドランプを採用しました。さらに「BOLT Rスペック ABS」は、質実剛健をテーマにした“ブルー”にカラーリングを変更し、落ち着きのある上質な雰囲気に仕上げました。なお、「BOLT ABS」のカラーリングは“ブラック”を継続して販売します。
 「BOLT Rスペック ABS」「BOLT ABS」は、“Ultimate Purely Bobber”をデザインコンセプトとするシンプルなスタイルと都市近郊での快適な走行性を兼ね備えたモデルで、2013年の発売以来、多様なライフスタイルにフィットするモデルとしても支持されています。
「BOLT Rスペック ABS」:ゴールドリザーバータンク付きリアサスペンションや切削加工を施したキャストホイールを装備した上級モデル。
BOLT
… BOLT について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・BOLT Rスペック ABS 1,025,200円
 ・BOLT ABS 979,000円

Yamaha New Color TRICITY155 発表。 5月15日発売。

 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・155cm3 “BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載するフロント2輪のLMWモデル「TRICITY(トリシティ) 155 ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして5月15日に発売します。
 新色は、スポーティな印象の“グレー”で、ホイールにブルーのアクセントを配してフロント2輪を強調しつつ、軽快に街中を駆け回るアクティブなイメージのカラーリングとしました。現行の“ホワイト”と“マットグレー”は継続販売します。
TRICITY155
… TRICITY155 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・TRICITY155 ABS 484,000円

Yamaha 2020年モデル NMAX 発表。 4月25日発売。

 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・124cm3“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして4月25日に発売します。
 新色は、スポーティさとトレンド感を併せ持つ“マットブルー”で、サイドカバーとグラブバーのマットブラックと調和し、エレガントな雰囲気を演出します。なお、現行の“マットグレー”と“ホワイト”は継続販売します。
 「NMAX ABS」は、欧州や日本で人気の「TMAX」「XMAX」のDNAを受け継ぎ、「MAXシリーズ」の特長である斬新なスタイルやスポーティな走りをコンパクトなボディに凝縮。通勤や街乗りなど、市街地の移動における快適性を追求したシティコミューターです。
NMAX
… NMAX について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・NMAX 357,500円

Yamaha 2020年モデル BW'S125 発表。 4月25日発売。

 ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・124cm3エンジン搭載の原付二種スクーター「BW'S125(ビーウィズ125)」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして4月25日に発売します。
 新色の“グレー”は、ブラックのフェンダーやダークグレーのホイールを組み合わせ、クロスオーバーテイストを強めた、本格的なオフロードの走りを予感させるカラーリングとしました。なお、現行の“イエロー”は継続販売します。
 「BW'S125」は、SUVテイストが楽しめる走行性とファッション性を両立する都会のストリートコミューターです。左右非対称デザインのデュアルヘッドランプや立体感あるセンターカバーなど遊び心あるデザインでアクティブ感を演出しています。
BW'S125
… BW'S125 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・BW'S125 335,500円

Yamaha 2020年モデル TMAX560 発表。 5月8日発売。

 ヤマハ発動機株式会社は、新設計の561cm3・水冷・4ストローク・DOHC・4バルブエンジンを搭載したオートマチックスポーツの新製品「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」を5月8日に発売します。
「TMAX560 TECH MAX ABS」「TMAX560 ABS」は、オートマチックスポーツ「TMAX530シリーズ」の後継モデルとして“Sophisticated MAX”をコンセプトに開発したモデルです。環境規制への対応とスポーティかつ低振動の上質な走りを両立。また外装変更により、デザイン性と快適性を向上させました。
 主な特長は、1)スポーティかつ上質な走りを生む新設計561cm3エンジン、2)新排出ガス規制をクリアした優れた環境性能、3)セッティングを最適化し、快適性を高めた前後サスペンション、4)個性を磨き上げたスポーティかつ上質な新デザインなどです。
 なお、「TMAX560 TECH MAX ABS」は、「TMAX560 ABS」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、シートヒーター、調整機能付きリアサスペンションを搭載し、快適性を高めた上級モデルです。
TMAX560
… TMAX560 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・TMAX560 TECH MAX ABS 1,419,000円
 ・TMAX560 ABS 1,276,000円

|| 新製品・ Suzuki

Suzuki 2020 Model アドレス110 発表。 10月8日発売。

毎日を快適に彩る、走りと燃費性能を両立させた110ccスクーター
スズキは、街中での使い勝手のよさを追求した軽量な車体に、優れた燃費性能と走行性能を両立したSEPエンジンを搭載した、110ccの原付二種スクーター「アドレス110」をマイナーチェンジ。10月8日より22万5500円で発売する。
マイナーチェンジに伴い新色のソラリスシルバーを採用するとともに、前後連動ブレーキ=コンバインドブレーキを新装備。
アドレス110
… アドレス110 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・アドレス110 225,500円

Suzuki 2020 Model GSX-R1000R 発表。 4月24日発売。

スズキ株式会社は、2020年3月15日に創立100周年を迎えました。
2020年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦するTeam SUZUKI ECSTAR(チームスズキエクスター)は参戦マシンGSX-RRのカラーリングを一新。 参戦マシンGSX-RRをモチーフにしたカラーリングを施した「100周年記念カラー」の「GSX-R1000R ABS」が誕生しました。
Own The Racetrack
GSX-R1000R ABSは、「The Top Performer」であり続けるために、情熱を余すところなく注ぎ込み、「The King of Sportbikes」の称号を目標に開発してまいりました。
さらに、コンパクト化や空力性能を追求し、高いハンドリング性能、スムーズなスロットルレスポンスと優れた燃焼効率を備えています。
また、緻密にプログラミングされたエンジンマネジメントシステムが、様々なシーンでスポーツライディングをサポートします。
30年以上に渡り、世界耐久選手権をはじめ、世界中のプロダクションレースで数々の勝利を得たGSX-Rの開発経験と、MotoGPで培われた最新テクノロジーの融合を果たしました。
GSX-R1000R
… GSX-R1000R について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・GSX-R1000R ABS 2,156,000円

Suzuki 2020 Model V-STROM1050/XT 発表。 4月24日発売。

THE MASTER OF ADVENTURE
低回転から豊かなトルクを発生する扱いやすいパワフルな90°VツインDOHC4バルブエンジンを搭載。
市街地での走行から、ロングツーリングまで幅広く楽しめる快適なパフォーマンスを実現。
冒険心溢れるスズキ伝統のスタイリングイメージを継承しながら、軽快なハンドリングとツーリングでの高い快適性を備えたスポーツアドベンチャーツアラー新世代のV-STROM1050/XTが誕生。
次なる一歩を踏み出す。
V-STROM1050/XT
… V-STROM1050/XT について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・V-STROM1050XT 1,518,000円
 ・V-STROM1050 1,430,000円

Suzuki New Model ジクサーSF250 発表。 4月24日発売。

新開発の油冷SEPエンジンには、スズキの最新技術を投入したオイル冷却システムSOCS(Suzuki Oil Cooling System)を搭載。
軽快かつ爽快な走りを可能にするロードスポーツモデル、ジクサーSF250誕生。
新たに開発された単気筒SOHC4バルブ249cm3エンジンは冷却方式に油冷を採用し、高出力でありながら軽く、小さく、シンプルにそして環境性能に優れたエンジンとなるよう開発された。
スズキの持つ技術が惜しみなく投入されたこのエンジンは、最高出力19kw(26ps)を発揮。低回転域で粘りのあるトルク感を演出しながら、中高回転域では気持ちの良い加速感を実現した。
また軽量なエンジンは運動性能にも大きく寄与し、ジクサーの車体と相まってライトウェイトスポーツの楽しさを体現している。
ジクサーSF250
… ジクサーSF250 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・ジクサーSF250 481,800円

Suzuki New Model ジクサー250 発表。 6月17日発売。

新開発の油冷SEPエンジンには、スズキの最新技術を投入したオイル冷却システムSOCS(Suzuki Oil Cooling System)を搭載。
軽快かつ爽快な走りを可能にするロードスポーツモデル、ジクサー250誕生。
ジクサー250
… ジクサー250 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・ジクサー250 448,800円

Suzuki 2020年モデル SV650 ABS 発表。 3月18日発売。

不等間隔爆発がもたらすVツインエンジンの鼓動感。
路面を蹴り出すように力強く加速する高揚感。
スリムで軽量コンパクトな車体が生む一体感。
軽く素直なハンドリングで意のままに操る爽快感。
SV650
… SV650 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・SV650 ABS 752,400円

Suzuki 2020年モデル SV650X ABS 発表。 3月18日発売。

スポーティさとカフェレーサースタイルの融合。
ヘッドライトカウルとフレームカバーをつながりのあるデザインとすることでロケットカウルをイメージさせる。
セパレートハンドル、タックロールシートなどがレトロな雰囲気を作り出す。
その上でスズキの持つスポーツイメージと融合させ独自のスタイルを表現する。
街中ではスタイリッシュに、ワインディングではスポーティに、SV650X ABSは様々なシーンで存在感を放つ。
SV650X
… SV650X について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・SV650X ABS 796,400円

Suzuki 2020年モデル V-Strom650XT ABS 発表。 3月18日発売。

いつものルート、週末のハイウェイ、峠のワインディング、タンデムツーリング、突然の雨。
走りの醍醐味をひとつに凝縮した2つのスポーツアドベンチャーツアラーが妥協ないこだわりを貫き、 磨き上げられたクオリティと高いパフォーマンスで変化に満ちた日本の道を切り開く。
世界の道を知るスポーツアドベンチャーツアラー、V-Strom650シリーズ。
V-Strom650
… Vストローム650 について詳しくは こちら から。
●メーカー希望小売価格 *消費税10%込み
 ・Vストローム650XT ABS 968,000円
 ・Vストローム650 ABS 924,000円

バイクセンターヨシダです!

バイクセンター ヨシダにようこそ!
明るいスタッフ揃いのアットホームなバイクショップです!
バイクの販売はもちろん。車検・点検・修理、そして、あなただけの1台を創るカスタマイズもお手伝い。
ご購入後のアフターサービスには特に自信があります!
乗らなくなった ”バイク・原付” の買取も行っております。
お気軽にご来店・ご相談下さい!
バイクセンター ヨシダにようこそ!

営業日のご案内

 毎週日曜日が定休日です。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ヨシダのおススメ!

原付免許をとろう!
「原付免許テキスト」取扱中!
「原付免許取得に役立つテキスト」取り扱ってます!
テキストはセットで、1,050円です。


GEN・TSU・KI CLUB
Honda 原付バイクの情報サイト[GEN・TSU・KI CLUB]


Suzuki 盗難補償サービス
好評取扱中!
Suzuki「盗難補償サービス」取り扱ってます!


Yamaha の電動アシストサイクル「PAS」好評取扱中!
Yamaha「PAS」取り扱ってます!

↑ PAGE TOP